いるこれ開催まであと2日!

私の名はメーテル・・・12時まわってからカタカタする女・・・


聞いて頂戴鉄郎・・・


タイトル通り、アルバロア鯖(になって)初のいるこれが開催されるわ・・・

スタッフ一同、リハーサルに力を入れて皆を楽しませたい一心でがむばってるから、
ぜひお越しになってね・・・

まぁ、私はリハ参加してないけど

お仕事が・・・ね・・・(トオイメ

今日はなんか、何となくいるこれの1回目と2回目を振り返ってみようと思うわ・・・

勢いって大事よね・・・

コホン

あくまで審査員として参加した私の個人的な感想だからそのつもりで、ね・・・




〇第一回目

いままであまりイベントがなかった(らしい)リラ鯖で行われた初回。

初回は「イベント慣れしていない?」ということと、「ファッションショーっていってもどうなるんだろう?」っていう感覚を皆が持っていたように感じました。

審査員として参加した私も「どうなるのカシーラ?」という気持ちは少しありましたわ・・・。

そんな中で、出場下さった方達には、なんていうか、他鯖から来ただけの部外者でスタッフでもないんですけど、すごく感謝してますわ・・・。

第一回は最初ですから、どういう空気になるのか分からなかったため、審査員団のキャラが割と前面に出ていたように思います。

審査員団が質問や審査で散々自由に暴れることで「もっと自由でいいんだ」「ショーといっても固くなくて、楽しく遊べばいいんだ」という、いるこれの今後の方向性をある意味で決定付けた理解がここで生まれたと思いますわ・・・。

ファッションショーなのにノーアバター部門の方が優勝してたあたり、いるこれの自由度の高さが伺えるわよね・・・w

〇第二回目

一回目と比べて参加者、観客の多かったこの回。鯖は引き続きリラ鯖ね・・・。

目玉はアラハゥイさんの参加でしたが、審査してみてもっと大きな発見がありました。

それは「参加者一人ひとりが主役」ということでした。

前回と同様に審査員団のキャラを前に出す形でやっていたのですが、途中から審査員のキャラはむしろ参加者の邪魔になるように思える時があり、参加者自身が「自分が主役」ということを強く意識した行動が見えて、実は途中から私は喋らずにいました。

第一回目を経験して「自由に自分を表現したい」「楽しみたい」という気持ちが、参加者の方々の行動に現れてたのよね・・・。

審査していて、すごく人の気持ち、主張を感じた回ダターワ・・・。

あ、ちなみにアラハゥイさんを招いたといっても、ダミアヌスさんも「もし来てくれたらいいなぁ」くらいの感覚でいたそうよ・・・。あくまで主役は私達ユーザーですからね・・・。

この回では、主催者のダミアヌスさんをずっと補佐していた司会のマチコさんが引退したわ・・・

大きなイベントは、どうしても最後の打ち上げ花火にはもってこいですからね・・・。

出会いがあって別れがあるものよね・・・。

コホン

そんな2回目を踏まえて、3回目はどうなるのかすごく楽しみですわ・・・w

主役の参加者に負けないくらい、今回も濃いぃ審査員の方々が迎え撃ってくるから皆様楽しみにしててね・・・。


私の名はメーテル・・・1時間かかって書く女・・・
[PR]
by 999_metel | 2014-12-04 00:53 | WizOn日記
<< 麻雀して遊びませんか? いるこれ開催 >>